薬剤師の年収・給料比較ナビ



薬剤師の年収をアップするには?


薬剤師は、誰にでもできる仕事ではありません。

薬剤師になるためには、高校を卒業後、6年間の大学の薬剤師養成課程を卒業して、薬剤師国家試験を受験、合格する必要があるのです。大学では、薬学科の漢方薬学科、医療薬学科、健康薬学科などの学科に入学して、必要な所定の単位を習得します。

実習も含めて、6年間の養成課程を修了して卒業すると、国家試験の受験資格を得ることができるのです。そして、国家試験に合格すれば、免許取得となるのです。また、4年制の薬学課程に入学する手段もあります。

とにかく、薬剤師になるのは、簡単ではないのです。

免許取得後は、申請をして名簿に名前を載せることで、厚生労働大臣から免許を交付してもらう必要があります。晴れて職に就いても、常に活躍できるわけでもありません。

日々新しくなっていく医薬品の情報を学んでいく必要もあるし、特定疾病に専門的な知識をもつなどして、その地位を確立していく必要があるのです。要するに生涯にわたって学んでいく必要があるということなのです。

薬剤師の時給はなぜ高いか?


剤師とは薬の専門家として処方箋に基づき医薬品を調剤したり、消費者に薬の飲み方、安全上必要な情報の提供を行ったりする者のことです。

薬剤師の場合、正社員だけではなくパートやアルバイトの求人もよく出ています。そして、近年では正職員よりもパート、アルバイトに高い人気が集まっているようです。それはひとえに、アルバイトの時給の高さによるものです。

薬剤師のアルバイトの時給は、平均でおよそ1900円といわれています。これは通常のアルバイトの平均時給のおよそ2倍です。破格と言っても良い数字でしょう。

ある調査によると、職業別の高時給ランキングでは、薬剤師が1位だそうです。ちなみに2位が、看護師のアルバイトです。

正社員としてであれば、これくらいの時給になるお仕事は結構ありますが、アルバイトでこの時給は非常に高いと言えます。ではなぜこんなに高いのか、それは資格を持っていることの強みです。

薬剤師になるには、薬学系の大学や大学の薬学部を卒業し、国家試験に合格することでなれます。 

薬剤師の求人について


薬剤師への就職を目指す際には求人探しを行う必要があります。しかし、巷には色々な求人媒体があり、どれを活用すれば効率良くお仕事を探せるのか迷ってしまう事があります。そんな時はインターネットを活用してみましょう。

インターネットには ※薬剤師専門の求人サイトがありますので、活用すればお仕事探しが楽になります。一番のおすすめは薬剤師の求人・転職ならファーマシストスクエアです。このサイトにはどういった魅力があるのか見てみましょう。まず、薬剤師専門のサイトですので、一度に沢山の求人を閲覧する事ができます。

もちろん働きたい場所や雇用形態、給料などの条件を指定して求人を絞り込みながら検索する事ができますので、楽に自身の希望にマッチする募集を見付け出す事ができます。求人の紹介を行ってくれるのも魅力の一つです。

※[参考にしたサイト]
薬剤師の求人-ファーマシストスクエア
http://www.pharmacist-square.jp
薬剤師求人の情報へ






Topics-薬剤師の年収・給料比較ナビ-

薬剤師の求人サイトで取り扱う求人の種類

2014-04-03 14:14

インターネットの普及から、ネット上で就職活動や転職活動をすることが増えてきている。そのために利用するのが求人サイトと呼ばれる、求人情報を提供しているサイトだ。求人サイトはたくさんあるが、中でも薬剤師ほどの専門職ともなれば、薬剤師に特化した求人サイトも少なくはない。無駄な情報を省いて効率よく求人探しをすることができるだろう。

さて、薬剤師の求人サイトを見てみると、公開求人と非公開求人があるのが分かると思うが、どういった求人なのか理解しているだろうか。公開求人とは、求人サイトにアクセスするだけで誰でも目にすることができる一般公開の求人情報である。対して非公開求人とは、求人サイトに登録した人のみが目にすることができる一般公開されていない求人である。

何故このように求人情報を分けて提供しているのか、その理由を見てみたい。薬剤師の求人を出す側、つまり医療機関や企業は、求人に応募して欲しい人の条件を設けて求人を出している。

「薬剤師の求人サイトで取り扱う求人の種類」の続きを読む